第96回 2018年12月27日(木) 20:00-22:00@ZOOM

参加者:辻、大谷

辻、大谷:社会起業大学OB向け新規サービス

・プレゼンター側のアンケート
 -負荷、満足度、
 -グループチェンジのタイミングがあれば、その希望者が出来たかも
  → 無理やり切るのではなく、移動を促すだけでよかったかも

・ブレスト 30分に延長した
 -最大でこれくらいの時間か。これ以上はダレルかも。(大谷)

・Giveするモノはあるが、Giveする場やきっかけがない

・ブレストの質が高いと感じた
 ←起業の進捗が前提としてあって、プレゼンがしっかりとしていた

・模造紙もよかった。誰かが話しをしている間でもコメント書けるし、
 声と紙とがバッティングしないのでアイデアの共有できる
 アイデアが可視化されているのがよい
 → 後半で、グルーピングしてもいいかも?

・グループでの結果を全員で共有することで、全員での創発を狙う
 また、グループが複数ある前提であれば、他のグループの結果を聞くことで、
 そのプレゼンターに協力したくなるかも

・仲間づくりイベントだったが、参加者も元から知り合いということもあり、目的を必ずしも達成できなかったことは反省。
 そもそも人が集まらないと目的は達成しない。

・人数をもう少し増やしたい
 -仲間または仲間候補がもっと増える
 -手伝いたい希望があまりない?
 -一緒に何かやりたいがあまりない?
 → 有料シャキダイOBOG会員に、TOで連絡するとどうなるか?
   イノベーターとアーリーアダプター(レギュラーとOB会)に浸透させるのはどうか。

・プロモーション・告知手段はもっと何とかならないか

・シャキダイ外を呼ぶとしても、参加者の友達を連れてきてもらうくらい

辻、大谷:シャキダイOBOGコミュニティ

・シャキダイコミュニティはどうあるべきか?
 やはり、ここも同時に考えないといけない気がする。どのような活動なのか。マーケティングなのか。コミュニティなのか。そのいずれでもないのか。惰性なのか。何となくつながっていたいなのか。
 人々をまとめる力は何なのか。

TODO:
①たっつぁんに声かけてみる。
②導線をどのようにするか。
③現役で模索している人にヒアリング(辻)
 OBOG会で、参加しなかった人にヒアリング

コメントを残す